Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

プリウスα GRスポーツ 価格は330万円~?発売日は11月21日!内装、外装画像、専用装備などカタログ情報!

プリウスαに、スポーティーなGRスポーツが発売されます。

元々、プリウスαよりもスポーティーさがウリだったジェイドと比較しながら紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.発売日

プリウスα GRスポーツの発売日は、2017年11月21日です。

同時にマイナーチェンジ(一部改良?)が予定されています。

www.bibit-modelchange.com


2.デザイン

プリウスα GRスポーツのデザインは、プリウスα G'sにそっくりです。

プロトタイプのデザインが公開されていますが、これがそのまま市販車のデザインになると考えて良いでしょう。

f:id:totalcar:20171108032810j:plain

この画像からは分かりづらいですが、GRスポーツシリーズのブレーキキャリパーはホワイトになっているので、プリウスαでもホワイトになっているでしょう。

3.専用装備

プリウスα GRスポーツには、以下のような専用装備が装着されます。

・専用チューニングサスペンション
・ブレース追加
・専用タコメーター(GRロゴ付)
・アルミペダル
・ステッチなど、内装専用加飾
・小径ステアリングホイール

専用のローダウンサスペンションの装着により、

全長4,665mm×全幅1,775mm×全高1,560mmと、全高は15mm低くなっています。


ただ、ジェイドのサイズは全長4,650mm×全幅1,775mm×全高1,530mmと、プリウスαのGRスポーツよりも更に全高が低くなっています。

重心はジェイドの方がまだ低いと予想できます。


あとは、ボディ剛性がどうなのか。といったところなのですが、今回、プリウスα GRスポーツの専用装備、強化ポイントとして、スポット溶接の追加やボディブレースの採用は発表されていません。

ボディ剛性の強化がないのであれば、走りに直接関わってくるのは、サスペンション、ブレーキくらいなので、元々スポーティーなジェイドと同程度になるくらい。という感じかもしれません。

4.安全装備

プリウスα GRスポーツには、トヨタセーフティセンスPが搭載されるでしょう。

トヨタセーフティセンスPの機能は、

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

の4つです。

ジェイドにはホンダセンシング

ジェイドには、ホンダセンシングが搭載されています。

ホンダセンシングの機能は、
・衝突軽減ブレーキ
・アダプティブクルーズコントロール
・車線意地支援システム
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

の7つです。

ホンダセンシングの方が高機能ですね。

5.価格

プリウスα、GRスポーツの価格は、5人乗りが330万円程度、7人乗りが350万円程度になるでしょう。

ジェイドは、6人乗りのみで、ハイブリッドが272万円~、ガソリン車のRSが253万円~です。

プリウスα GRスポーツの仕上がり次第ですが、ジェイドは元々十分にスポーティーといえるので、狭さが気にならなければ、ジェイドの方がお値打ちといえるでしょう。

6.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。