Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスNX  アルファード、ヴェルファイア   CX-8  
 N-BOX  ステップワゴン   タント  

プロパイロットとアイサイトを比較!アイサイトも高速道路では半自動運転が可能?

日産、新型セレナに搭載されている「プロパイロット」

国産車初の自動運転を謳っているプロパイロットですが、このジャンルで先行していたアイサイトと比べ、どのような違いがあるのでしょうか。

自動運転とは謳っていないアイサイトも、ある条件の元なら自動運転に近い性能を発揮します。
f:id:totalcar:20161106132532j:plain

スポンサーリンク



1.プロパイロットの機能(全車速対応)

プロパイロットの自動運転機能は、主にレーダークルーズコントロールと、車線維持機能によって構成されています。

・レーダークルーズコントロール
先行車がいない時は設定速度で、先行車がいる時は先行車に追従してアクセル、ブレーキ操作を自動で行う機能です。

・車線維持機能(全車速対応)
カメラで車線を認識し、車線中央を走行できるよう、ステアリング操作を行います。

あれ?と思ったかもしれませんが、プロパイロットの機能自体は他の車にも搭載されているものですね。

しかし、作動範囲や精度などで違いが有ります。

2.アイサイトの機能

続いて、この分野で先行していた、スバル、アイサイトの機能を見てみましょう。

アイサイトにも、レーダークルーズコントロールと車線維持機能が搭載されています。

・レーダークルーズコントロール(全車速対応)
先行車がいない時は設定速度で、先行車がいる時は先行車に追従してアクセル、ブレーキ操作を自動で行う機能です。

・車線中央維持機能(65km/h以上)
カメラで車線を認識し、車線中央を走行できるよう、ステアリング操作をアシストします。

プロパイロットと大きく違うのは、車線中央維持機能が65km/h以上でしか動作しない。という点です。

逆にいえば、その点を除けば、スバルの車線中央維持機能は積極的にステアリング操作を行ってくれますし、高速走行中は自動運転に近い機能として使えます。

3.他のメーカーの機能は?

レーダークルーズコントロールや車線逸脱防止機能などは、トヨタセーフティセンスPやホンダセンシングなどにも搭載されています。

ただし、対応速度に制限があったり、車線逸脱防止機能は、車線を本当にはみ出しそうになってから介入するなど、現状、高速走行中も自動運転機能の代わりにはなりません。

自動運転機能では、現時点では日産>スバル>その他メーカーの順でレベルに違いがあるといえます。

スポンサーリンク



※新車、中古車契約の前に!
今乗っている車を下取りに出す前に、こちらで見積もりを取ってみてください。
10万円~、車種によっては40万円高く売れることもあります。
一つ上のグレードが買えちゃうかもしれません。

当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。