Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

メルセデス・ベンツ Sクラス 新型 フルモデルチェンジは、2020年か。エクステリア、インテリア、価格はどうなる?EQ Sも登場か。

2020年1月31日更新

メルセデス・ベンツのフラッグシップセダン、Sクラスが2020年中にもフルモデルチェンジされます。

ライバルのBMW 7シリーズ、アウディ A8、レクサスLSと比較しながらみていきましょう。

スポンサーリンク


エクステリア、インテリア

新型Sクラスのスパイショットが撮影されています。

f:id:totalcar:20190223013619p:plain
新型Sクラス エクステリア

f:id:totalcar:20190223013639p:plain
新型Sクラス エクステリア
出典https://www.motor1.com

www.instagram.com


このスパイショットを見る限り、ヘッドライトが釣り目になっているので、新型Aクラス風の顔つきになると想像できますね。

サイドラインは、新型CLSクラスのようにツルッとしていそうです。

リヤのブレーキランプも、最近のメルセデス・ベンツのデザインらしく、横長のデザインとなっています。


インテリアは、カーナビの画面がとても大きくなっています。

f:id:totalcar:20190223013723p:plain
新型Sクラス インテリア
出典https://www.motor1.com

これはもう、カーナビだけでなく、エアコンやオーディオの操作も全てタッチパネル上ですることになるということでしょう。

確かに先進的な雰囲気はありますが、画面を大きくする以外のアプローチは無いのかな?とも少し思ったりします。

スポンサーリンク



ロングホイールベースに統一か?

新型ベンツSクラスは、全長とホイールベースが長いロングホイールベースモデルに統一されるといわれています。

ロングモデルのサイズは、全長5,255mm×全幅1,900mm×全高1,495mmです。


Sクラスはどんどん大きくなってきており、現在の標準モデルが昔のロングモデルに近いくらいの長さになっています。

そういった事情もあり、標準モデルとロングモデルを分けるのではなく、ロングモデルに統一されることになるのかもしれません。

中国などではロングモデルが人気だという事情もあるのでしょうか。

いずれにしても、日本で乗るにはあまり嬉しいニュースではありませんね。

ライバル車のサイズ

ライバル車の中では、レクサスLSがロングホイールベースに統一されていますね。

レクサスLSのサイズ
全長5,235mm×全幅1,900mm×全高1,450mm


7シリーズのサイズ
標準モデル・・・全長5,110mm×全幅1,900mm×全高1,480mm
ロングモデル・・・全長5,250mm×全幅1,900mm×全高1,485mm


アウディA8のサイズ
標準モデル・・・全長5,170mm×全幅1,945mm×全高1,470mm
ロングモデル・・・全長5,300mm×全幅1,945mm×全高1,485mm

ロングモデルの全長は、どれも5,200mm~5,300mmとなっています。


パワートレイン

新型Sクラスには、ガソリンエンジン、ハイブリッドプラグインハイブリッドのほか、EVも設定されるでしょう。

EQ Sという名前で発売され、航続距離は500kmオーバーになるといわれています。

「S400」「S550」「S500e」「EQ S」というラインナップになるようですが、詳しいスペックまでは不明です。


ハイブリッドではレクサスが先行していましたが、今ではプラグインハイブリッドが各車に設定されていますし、特段環境性能が優れているという感じでもなくなってきています。


価格

新型ベンツSクラスは、ロングモデルに統一されることもあり、価格は現行型よりも大幅に高くなるでしょう。

現行Sクラスロングの価格は、1490万円~となっているので、新型はそれくらいの価格からのスタートになるのかもしれません。

あくまで予想情報であり、確定情報ではありません。ご了承下さい。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。