Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

スーパーキャリイ トラック 発売日は2018年5月!荷台寸法、価格など、カタログ予想情報!ハイゼットトラック、ジャンボと比較

2018年5月18日更新

スズキから、キャリイの室内空間を広くした、スーパーキャリイが発売されるようです。

今回は、ライバルのハイゼットトラック、ジャンボグレードと比較しながら、新型スーパーキャリイを紹介していきます。

スポンサーリンク


1.発売日

スーパーキャリイの発売日は、2018年5月16日です。

既に、予約受付が始まっています。

それほど、予約が殺到するとは思えないので、納期は長くならないでしょうが、気になっている方はディーラーに確認すると良いでしょう。


2.デザイン

スーパーキャリイは、キャリイの室内空間を広くしたモデルです。

運転席のドアの後ろに窓がつきます。

フロントマスクなどは、ベースのキャリイから特に変わっていません。


カラーは、全部で5色です。

・ブルーイッシュブラック
・スペリアホワイト
・ノクターンブルー
・ガーデニングアクア
・シルキーシルバーメタリック

ハイゼットトラック、ジャンボのデザイン

ハイゼットトラック、ジャンボのデザインは、こんな感じです。

比べてみるとわかるように、スーパーキャリイの方が、室内空間の延長幅が長いことが分かります。



また、ハイゼットトラック、ジャンボグレードは、カラフルな8色から選択することができます。

・トニコオレンジメタリック
・ファインミントメタリック
・オフビートカーキメタリック
・ライトローズマイカメタリック
・ミストブルーマイカメタリック
・ブラックマイカメタリック
・ホワイト
・ブライトシルバーメタリック

3.広さ

スーパーキャリイは、軽トラックNo1の室内空間を確保します。


それに伴って、シートのリクライニング角度や、スライドできる量も軽トラックNo1となるようです。

運転席は、40度のリクライニングが可能。
助手席は、24度のリクライニングが可能。

シートスライド量は、運転席が180mm、助手席が100mmとなっています。


軽トラで、シートのリクライニングができるのは、ありがたいですね。

また、シートの厚みも、その他のグレードよりも厚く、快適になっています。

荷室寸法は、荷台フロア長1,975mm×荷台幅1,410mm×荷台高290mmとなっています。

ハイゼットトラック、ジャンボと比較

ハイゼットトラック、ジャンボのシートスライド量は、運転席が140mm、助手席が100mmとなっています。

スーパーキャリイの方が上回りますね。


リクライニングの角度は公開されていませんが、スーパーキャリイの方が大きくリクライニングできます。


4.自動ブレーキ搭載

スーパーキャリイには、軽トラック初!誤発進抑制機能と、後方誤発進抑制機能が搭載されます。

10km/h以下で、アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突を防ぐ機能です。

高速域で作動する自動ブレーキは、搭載されていません。


ちなみに、ハイゼットトラックには、こういった予防安全機能は搭載されていません。


高齢者が運転することの多い軽トラックなので、こういった機能は積極的に搭載してほしいですね。

もっといえば、デュアルセンサーブレーキサポートなんかも搭載してもらいたいところでした。

今回搭載される自動ブレーキ機能は、ごく低速域でのみ対応したもので、他のスズキの車に搭載されているデュアルセンサーブレーキサポートや、デュアルカメラブレーキサポートとは異なるものです。

ハイゼットカーゴにも!

スーパーキャリイが、軽トラック初の自動ブレーキ搭載車になるはずだったのですが、なんと、ダイハツが、5月14日にハイゼットトラックを一部改良し、スマートアシストⅢtを搭載しました。

スマートアシストⅢtの機能は、他のダイハツの軽乗用車に採用されているスマートアシストⅢに近いもので、とても充実しています。

・歩行者対応自動ブレーキ
・誤発進抑制制御機能
・車線逸脱警報機能
・先行車発進お知らせ機能


というわけで、軽トラック初も取られてしまいましたし、機能的にもハイゼットカーゴの方が上。ということになりました。

スズキ関係者の悔しがっている顔が思い浮かびます・・・・


5.価格

スーパーキャリイは、ある程度の距離を運転することを想定したモデルなので、パワステレスや、エアコンレスは設定されません。

パワステ、エアコンなど基本的な装備に絞ったLグレードと、キーレスエントリー、フォグランプを搭載したXグレードの2グレード体制となります。

Lグレード・・・97万4,160円

Xグレード・・・110万2,680円


ちなみに、ハイゼットトラック、ジャンボグレードの価格は、109万6,200円~です。

ハイゼットトラックのジャンボグレードには、パワステ、エアコン、キーレスエントリー、LEDヘッドランプなどが標準装備となっています。

装備を考えると、Xグレード相当なので、価格はほぼ同じといえるえしょう。


6.総括

スーパーキャリイは、荷室は少し小さくても良いから、運転席が快適な方が良い。というユーザーに向けた商品です。


ハイゼットトラック、ジャンボグレードよりもさらに荷室は小さく、運転席は広いので、その辺は積載する荷物など、使い方によって選ぶことになるでしょう。


7.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。