Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES CR-V
RAV4 新型シエンタ  新型タント 

ティアナ 新型 ハイブリッド登場か!? 2018年モデル発表!内装、外装画像、プロパイロット、価格などカタログ予想情報!

日産、ティアナの新型が、2018年3月にニューヨークで公開されました。

今回は、ライバルのトヨタ・カムリ、ホンダ・アコードと比較しながら、新型ティアナを紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.発売時期

新型ティアナの日本での発売時期は、2018年冬頃となるでしょう。

2.デザイン

新型ティアナは、これまでとは大きく変わり、スポーティーに生まれ変わりました。

f:id:totalcar:20180401164831j:plain

f:id:totalcar:20180401164837j:plain

f:id:totalcar:20180401164843j:plain

f:id:totalcar:20180401164848j:plain


フロントマスクは、トヨタ・アリオンに少し雰囲気が似ています。

f:id:totalcar:20180401165250j:plain


3.エンジン

新型ティアナには、2.5Lエンジンと、2.0Lターボエンジンが搭載されます。


【2.5Lエンジン】
最高出力・・・188ps
最大トルク・・・25kgm


【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・248ps
最大トルク・・・38kgm


スポーティーなのは見た目だけではなく、ターボエンジンを搭載することで、走りもスポーティーになります。


2.5Lエンジンは、部品を80%一新した新開発のエンジンということで、燃費も向上しているのではないでしょうか。



期待されていたハイブリッド(e-POWER)の搭載はありません。

カムリ、アコードのパワートレイン

カムリには、2.5Lハイブリッドシステムが搭載されています。

エンジン最高出力・・・143ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・21.7kgm/4500rpm

モーター最高出力・・・143ps
モーター最大トルク・・・27.5kgm



アコードには、2.0Lのハイブリッドシステムが搭載されています。

エンジン最高出力・・・143ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・16.8kgm/3500-8000rpm

モーター最高出力・・・169ps
モーター最大トルク・・・31.3kgm


カムリ、アコード共に、日本ではハイブリッド専用車として販売されています。

ハイブリッドに人気が集中している日本では、新型ティアナにハイブリッドがない。というのは不利ですね。


4.サイズ

新型ティアナは、先代よりも全長が1インチ長く、全幅が0.9インチ広く、全高は1.1インチ低くなったと発表されています。

mmで表すと、全長は27mm長く、全幅は23mm広く、全高は28mm低くなったということです。

ですから、新型ティアナのサイズは、全長4,905mm×全幅1,855mm×全高1,445mmということになります。

カムリ、アコードのサイズ

カムリのサイズは、全長4,850mm×全幅1,825mm×全高1,470mm

アコードのサイズは、全長4,915mm×全幅1,850mm×全高1,465mm

です。


サイズは、ティアナ、カムリ、アコードともに同等です。


5.自動運転、予防安全機能

新型ティアナには、同一車線自動運転機能「プロパイロット」と、様々な予防安全機能が搭載されます。


ざっと紹介します。

・プロパイロット(セレナ、ステップワゴンなどと同等)
・リアオートマチックブレーキ
・トラフィックサインレコグイニション(標識認識機能)
・オートマチックエマージェンシーブレーキ
・インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
・後側方車両検知警報(BSW)
・インテリジェントクルーズコントロール(ICC)
・後退時車両検知警報(RCTA)
・歩行者検知機能付きエマージェンシーブレーキ
・車線逸脱警報(LDW)
・ハイビームアシスト(HBA)
・インテリジェント アラウンドビューモニター(I-AVM)


ハイブリッドがない分、プロパイロットを前面にアピールしていくしかないでしょう。

カムリ、アコードの予防安全機能

カムリ、アコードの予防安全機能を紹介します。


カムリには、トヨタセーフティセンスPが搭載されています。

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール



アコードには、ホンダセンシングが搭載されています。

・衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能


6.価格予想

新型ティアナの価格は、先代と同じく250万程度~という価格になるでしょう。


ハイブリッドではない分、カムリ(329万円~)、アコード(385万円~)よりは価格は手頃です。


7.総括

新型ティアナ、デザインは格好良くなりましたが、ハイブリッドがないということで、日本国内での販売台数はそれほど見込めなさそうです。

日産としても、それは承知の上でしょう。

正直、デザインはカムリ、アコードよりも格好良いと思うので、2.0Lハイブリッドでも搭載してくれればなあ。と思うところです。


8.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。