Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

ヴェゼル ターボ 価格は、290万円!発売日は、2019年1月31日!スペック、外装、内装、予約、試乗など、カタログ情報!

2019年1月31日更新

ホンダ、ヴェゼルに、1.5Lターボエンジンを搭載した、TOURINGグレードが追加されます。

今回は、ライバルのトヨタC-HR、マツダCX-3、日産ジュークなどと、ターボエンジンのスペックを比較してみましょう。

スポンサーリンク


ターボエンジン搭載、TOURINGグレード追加

1.ターボエンジンのスペックは?

ヴェゼルに搭載されると噂されているターボエンジンのスペックは、現在シビックセダンに搭載されているものと同じ1.5Lターボエンジンです。

【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・172ps/5500rpm
最大トルク・・・22.4kgm/1700-5000rpm

当初、ステップワゴンなどに搭載されている、最高出力150psのターボエンジンが搭載されるのでは?ともいわれていましたが、よりパワフルなシビックと同じエンジンが搭載されました。

ライバルのエンジンと比較

C-HRには、1.2Lのターボエンジンが搭載されています。


【1.2Lターボエンジン】
最高出力・・・116ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・18.9kgm/1500-4000rpm

C-HRのターボエンジンよりは、明らかにパワフルですね。


CX-3の2.0Lガソリンエンジンとも比較してみましょう。


【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・150ps/6000rpm
最大トルク・・・19.9kgm/2800rpm

CX-3の2.0Lガソリンエンジンよりもパワフルです。


伏兵として、ジュークNISMOには、1.6Lターボエンジンが搭載されています。

【1.6Lターボエンジン】
最高出力・・・190ps/5600rpm
最大トルク・・・24.5kgm/1600-5200rpm

さすがにNISMOモデル用のターボエンジンということで、これはパワフルですね。


2.燃費はどれくらい?

ヴェゼルTOURINGの燃費は、17.6km/Lです。

他のパワートレインに比べれば燃費は悪いですが、パワフルさを考えれば、こんなものだろう。という感じです。


3.デザインは変わらず?

ヴェゼルは、2018年2月にマイナーチェンジされたばかりです。

ですから、基本的なデザインは変わらず、細かいパーツの部分でスポーティーかつ上質に仕上げられています。


f:id:totalcar:20181216154041j:plain
出典https://www.honda.co.jp ”

ヴェゼル1.5Lターボエンジン搭載モデル、TOURINGグレードのデザインは、ティザーサイトで紹介されています。

www.honda.co.jp



新型HR-V(日本名ヴェゼル)のデザインが公開されました。

f:id:totalcar:20180815184945j:plain

f:id:totalcar:20180815184953j:plain

f:id:totalcar:20180815184959j:plain
出典https://hondanews.eu/ ”

海外仕様ではほとんどデザインも変わっていませんでしたが、日本仕様は少しスポーティーに味付けされています。


4.新色追加

ヴェゼルTOURINGグレードには、新色を2色含む、全7色がラインナップされます。

・プレミアムクリスタルブルーメタリック
・スーパープラチナグレーメタリック
・プレミアムクリスタルレッドメタリック
・オーロラアメジストメタリック
・プラチナホワイトパール
・クリスタルブラックパール


プレミアムクリスタルブルーメタリックは、ソリッドとメタリックの2つを重ね塗りした特別なカラーのようです。


5.専用装備は?

ヴェゼルTouringの専用装備は、以下のようになっています。

・専用ヘッドライトガーニッシュ(ブラック塗装)
・専用フロントグリル(クロームメッキ
・専用フロントバンパーロアーグリル
・専用ボディーロアーガーニッシュ(グレーメタリック)
・エキパイフィニッシャー(左右2本出し)
・専用エンブレム
・ルーフレール
・コンビシート(ダークグレー〈ウルトラスエード®〉/ブラウン)&専用インテリア
・運転席&助手席シートヒーター
・アジャイルハンドリングアシスト
・18インチアルミホイール(グレー塗装)

サスペンションやブレーキ、ブレースなど、ボディや走行性能を直接強化するようなパーツは含まれていません。


6.静粛性が大幅に向上?

新型ヴェゼルは、静粛性が大幅に向上するといわれています。


遮音材、吸音材の追加に加え、ノイズキャンセリング機能によって静粛性を向上させる機能が搭載されるようです。

ノイズキャンセリング機能とは、マイクで騒音を集音し、その騒音を打ち消すような音をスピーカーから出すという機能です。


イヤホンやヘッドホンで使ったことがある方もいるかもしれませんが、結構静かになります。

また、人の声や、緊急車両の音だけはキャンセルしない。といった対応もできるはずなので、使い勝手も良さそうです。

ライバル車の静粛性

ライバル車には、もちろんノイズキャンセリング機能などは採用されていません。

現時点では、C-HRが一番静かに感じますが、ヴェゼルにノイズキャンセリング機能が搭載されれば、ヴェゼルが最も静かになるのではないかと思います。


【追記】
日本仕様のサイトには、今のところノイズキャンセリング機能に関する記載がないので、搭載されないようです。


7.価格

ヴェゼル、1.5Lターボエンジン搭載グレードは、ツーリングという1グレードにのみ設定され、価格は290万3,040円となっています。

ヴェゼルの中では最も価格の高いグレードです。

ライバルのC-HRに比べても結構高めで、強気の価格設定となっています。

1.5L NAエンジンを搭載するRSグレードに比べると、50万円近くも高く、ターボエンジンを搭載し、専用装備がいくつかあるとはいえ、ちょっと値上がり幅が大きいような気もします。

ライバル車の価格

C-HRターボ車の価格は、229万円~265万円です。

CX-3、2.0Lガソリン車の価格は、212万円~282万円です。

ジュークニスモの価格は、297万円です。

ヴェゼルTOURINGの価格は、ジュークニスモの価格に近くなっており、これを一番のライバルとして設定しているものと思われます。


8.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク



2018年2月、マイナーチェンジ!

1.デザイン
ホンダの先行情報サイトで、新型ヴェゼルのデザインが公開されました。

f:id:totalcar:20180128093434j:plain
出典https://www.honda.co.jp/ ”

新型ヴェゼルは、ヘッドライト内のデザインが、アコードのように綺麗なデザインになりました。また、ホイールのデザインも変わっています。

ヘッドライトの内のデザインなど、先進的な雰囲気がありますね。

インテリアも、質感の高いC-HRやCX-3に対抗するため、質感が向上するようです。



ヴェゼル潰しとも言われたC-HRが発売されてから、ヴェゼルのデザインが少し古臭く感じられてしまうようになりました。

f:id:totalcar:20170519150405j:plain
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

新型となり、少しは古臭さが払拭されたかと思います。

それでも、基本的なスタイル自体が変わったわけではないので、デザインはC-HRの方が手が込んでいると感じられます。



2.パワートレイン
パワートレインは、現行と同じく1.5Lガソリンエンジンと、1.5Lハイブリッドです。

<1.5Lガソリンエンジン>
最高出力・・・131ps
最大トルク・・・15.8kgm

<1.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・132ps
エンジン最大トルク・・・15.9kgm

モーター最高出力・・・29.5ps
モーター最大トルク・・・16.3kgm

燃費は少し向上すると予想されています。


また、フィットハイブリッド同様ギクシャク感のあったi-DCDのトランスミッションが改良されるようです。これは、大きなポイントになります。

ライバル車のパワートレイン
C-HRには、1.2Lターボエンジンと1.8Lハイブリッドが。

CX-3には、2.0Lガソリンエンジンと、1.5Lディーゼルターボエンジンが。

ジュークには、1.5Lガソリンエンジンと、1.6Lガソリンエンジンが搭載されています。


3.予防安全性能
ヴェゼルには、2016年のマイナーチェンジでホンダセンシングが搭載されています。

そのため、今回のマイナーチェンジでは特に予防安全性能は変わりません。

・自動ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能


特に変わらないといっても、ホンダセンシングの性能は現時点でも十分に高いです。

ライバル車の予防安全性能
C-HRには、トヨタセーフティセンスPが搭載されており、
・自動ブレーキ
・車線逸脱防止機能
・オートハイビーム
・レーダークルーズコントロール

が搭載されています。


CX-3には、
・自動ブレーキ
・誤発進抑制機能
・オートハイビーム
・車線逸脱警報機能
・ブラインドスポットモニター
・リヤクラストラフィックアラート

が搭載されています。

ジュークには、
・自動ブレーキ
・車線逸脱警報
・アラウンドビューモニター

が搭載されています。


作動速度などを考えると、予防安全性能の総合的な評価は、

ヴェゼル≧CX-3>C-HR>ジューク

という順番になるでしょう。


ワガママを言うなら、オートハイビームと、アダプティブクルーズコントロールの停車対応をしてほしかったですが、それもなさそうです。

この高性能なホンダセンシングが、新型ヴェゼルでは前車標準装備となります。


4.室内寸法
ヴェゼルは、室内の広さも大きな魅力です。

これは、マイナーチェンジで特に変わるわけではありませんが、ホンダも、ミニバン並の使い勝手という表現をしています。(少しおおげさ!?)

ヴェゼルの室内寸法は、室内長1,930mm×室内幅1,485mm×室内高1,265mmです。

ライバル車の室内寸法
C-HRの室内寸法は、室内長1,800mm×室内幅1,455mm×室内高1,210mm

CX-3の室内寸法は、室内長1,810mm×室内幅1,435mm×室内高1,210mm

ジュークの室内寸法は、室内長1,835mm×室内幅1,470mm×室内高1215mm

です。


ヴェゼル以外のライバル車が、全てデザインを重視しているということもあって、室内の広さはヴェゼルがダントツに広くなっています。


5.燃費
新型ヴェゼルは、ハイブリッド車で燃費が向上するでしょう。

現行ヴェゼルハイブリッドの燃費は、最高で27.0km/Lですが、1km/Lほど向上して、28km/L程度になるでしょう。

上でも説明したi-DCDの改良や、その他の改良の積み重ねとなります。

ライバル車の燃費
ライバル車の最良グレードの燃費を比べてみると、

C-HR・・・30.2km/L
CX-3・・・25.0km/L(ディーゼル)
ジューク・・・18.0km/L

となっています。


本当は、C-HRハイブリッドの30.2km/Lも越えたいところでしょうが、フィットハイブリッドのマイナーチェンジ後の燃費を見ても、それは厳しそうです。


6.価格予想
新型ヴェゼルの価格は、ホンダセンシングが標準装備となるベースグレードでは10万円程度、その他のグレードでは2~3万円程度高くなるでしょう。

G Honda SENSING・・・202万円
X Honda SENSING・・・215万円
RS Honda SENSING・・・242万円

HYBRID Honda SENSING・・・237万円
HYBRID X Honda SENSING・・・253万円
HYBRID Z Honda SENSING・・・270万円
HYBRID RS Honda SENSING・・・280万円

これくらいの価格になるでしょう。

ライバル車の価格
C-HRの価格は、ターボ車251万円~、ハイブリッド車264万円~

CX-3の価格は、ガソリン車210万円~、ディーゼル車240万円~

ジュークの価格は、197万円~ です。

ヴェゼルは、価格も比較的手頃で、使い勝手重視の方には良いと思います。



7.総括
ヴェゼルのライバルとなるコンパクトSUVは、C-HR、CX-3、ジュークなどありますが、販売台数で争っているライバルは実質C-HRのみといえます。


2017年は、C-HRが発売されたばかりということもあり、販売台数はC-HRの勝ちとなりました。

C-HRは高い質感と走行性能を武器に、少し高い価格でも好調な販売を続けていますが、ヴェゼルは、C-HRよりは安い価格を武器に、一定レベルまで質感や品質を高め戦っていくことになるでしょう。


C-HRに出し抜かれてしまったデザイン面は、フルモデルチェンジでボディを抜本的に変えないと、比較されるとどうしても地味、古臭く見えてしまうでしょう。

ヴェゼルは当面は、価格の安さ、室内の広さをアピールすることになりそうです。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。