Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

ヴェゼルのフルモデルチェンジは、2020年中か。ハイブリッドの燃費が大きく向上!?デザイン、価格、サイズなど、カタログ予想情報

ホンダのコンパクトSUV、ヴェゼルが2020年中にもフルモデルチェンジされます。

今回は、ライバルのトヨタ・C-HRと比較しながら、新型ヴェゼルの情報を紹介します。

スポンサーリンク


発売日

新型ヴェゼルの発売日は、2020年11月ごろとなるでしょう。

ヴェゼルはフィットがベースのSUVなのですが、フィットのフルモデルチェンジの約半年後にフルモデルチェンジされることになります。


デザイン

新型ヴェゼルのデザインは、まだベールにつつまれたままです。

現行ヴェゼルの発売後、ヴェゼル潰しかのようにトヨタからC-HRが発売されたことを覚えている方も多いのではないでしょうか。


C-HRの発売後、ヴェゼルのデザインが何となく古臭く見えるようになってしまったのは否定できませんでした。

新型ヴェゼルは、現行モデルよりも洗練されたデザインで、デザインの新鮮さと広さを両立してくるといわれています。楽しみですね。


現行ヴェゼル
f:id:totalcar:20200103181500p:plain
出典https://www.honda.co.jp


パワートレイン

新型ヴェゼルのパワートレインは、1.5Lガソリンエンジン、1.5Lターボエンジン、1.5Lハイブリッドの3種類で、パワートレインの種類は現行から変わらないでしょう。

排気量、パワートレインのラインナップ自体は変わらないものの、1.5Lハイブリッドは2モーター式のe:HEVが採用され、パワフルかつ燃費も向上するとみられています。


ハイブリッドシステム全体の出力は現行モデルよりもパワフルになり、150ps程度になるともいわれています。



1.5Lガソリンエンジン、1.5Lターボエンジンは、現行モデルと同じものが搭載されるでしょう。


【1.5Lガソリンエンジン】
最高出力・・・131ps/6600rpm
最大トルク・・・15.8kgm/4600rpm


【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・172ps/5500rpm
最大トルク・・・22.4kgm/1700-5500rpm


燃費

新型ヴェゼルハイブリッドの燃費は、実燃費ベースで2割ほど向上するとみられています。

カタログ燃費は、新型ヴェゼルはWLTCモードで公開されるのに対し、現行ヴェゼルはJC08モード燃費で公開されているので、カタログ燃費の比較はできません。


予防安全、運転支援機能

新型ヴェゼルは、予防安全機能、運転支援機能のパッケージである、ホンダセンシングの機能も充実します。


・近距離衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム


近距離衝突軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、オートハイビームが新機能です。

アダプティブクルーズコントロール機能は、渋滞追従機能付(全車速対応タイプ)になっています。

スポンサーリンク



C-HRの予防安全、運転支援機能

C-HRの予防安全機能、運転支援機能を紹介します。

・プリクラッシュセーフティ
・レーダークルーズコントロール
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・パノラミックビューモニター
・ブラインドスポットモニター


C-HRは、予防安全機能は新型ヴェゼルと同じくらい充実していますが、車線中央を走行できるようなステアリング操作の支援がないので、運転支援機能が少し物足りません。



C-HRは、フルモデルチェンジされれば次世代型のトヨタセーフティセンスが搭載されるはずなので、次期型では運転支援機能も充実します。


価格

新型ヴェゼルの価格は、全体的に10万円~20万円ほど上がるとみられています。

特に、ハイブリッド車の値上がり幅が大きくなるでしょう。


【新型ヴェゼルの予想価格】
ガソリン車・・・220万円程度~

ターボ車・・・260万円程度~

ハイブリッド車・・・270万円程度~

C-HRの価格

ターボ車・・・236万円~

ハイブリッド車・・・273万円~


現行モデルでは、ヴェゼルの方が全体的に高かったのですが、新型ではどちらもほぼ同じ価格になるとみられています。

なおさら、商品力が問われることになりますね。


総括

新型ヴェゼルは、デザインの魅力、広さ、予防安全性能、運転支援機能、パワートレインなど、様々な商品力が向上します。


走りではTNGAプラットフォームのC-HRの方が良いのは変わらないでしょうから、主に比較されるポイントとしては、広さのヴェゼル、走りのC-HRという部分で比較されることになるでしょう。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。