Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

ワゴンRと、デイズを、比較!広さ、後部座席、燃費、乗り心地、価格など。違いは?どっちが良い?

スズキのワゴンRと、日産デイズ。

デイズは、燃費不正が発覚してから、一時期販売が急降下しましたが、最近になって盛り返してきています。

ワゴンRとデイズ、どっちにしようか迷っている方も多いかと思います。

今回は、ワゴンRと、デイズを、広さ、後部座席、燃費、乗り心地、価格など、様々な面から比較してみましょう。

スポンサーリンク


1.大きさを比較

ワゴンRとデイズは、どちらも軽トールワゴンという同じジャンルに属する車です。

まずは、ワゴンRと、デイズの大きさを比較してみましょう。

ワゴンRの大きさ

ワゴンRのボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,650mmです。

最小回転半径は、4.4mです。

軽トールワゴンとして標準的なサイズ、標準的な最小回転半径です。

デイズの大きさ

デイズのボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,650mmです。

このように、ボディサイズはワゴンRと全く同じです。

最小回転半径は、4.4mで、ワゴンRと同じです。


2.広さを比較

ワゴンRとデイズ、ボディサイズは全く同じであることが分かりましたが、車内の広さは結構違います。

ワゴンRと、デイズの、広さを比較してみましょう。

ワゴンRの広さ

ワゴンRの室内寸法は、ワゴンRの室内寸法は、室内長2,450mm×室内幅1,355mm×室内高1,265mmです。

これは軽トールワゴンの中でもトップクラスで、広いほうです。

デイズの広さ

デイズの室内寸法は、室内長2,085mm×室内幅1,295mm×室内高1,280mmです。

ワゴンRよりも、室内長は365mm短く、室内幅は60mm狭く、室内高は15mm高くなっています。


乗り比べてみると、多くの人はワゴンRの方が広いと感じるはずです。

室内長が30cm以上違うのもそうですが、室内幅が6cm違うというのは、軽自動車にとっては大きな違いです。

運転席に座る時、軽自動車の規格の中で最も狭いと感じるのが幅ですから、ワゴンRの方がゆったりと座ることができるはずです。


3.後部座席を比較

ワゴンRとデイズ、全長が365mmも違うということが分かりました。

これは、後部座席の足元空間の広さにも大きく影響してきます。

ワゴンRと、デイズの、後部座席の広さを比較してみましょう。

ワゴンRの後部座席

ワゴンRの後部座席は、こんな感じです。

f:id:totalcar:20180902195938j:plain
出典http://www.suzuki.co.jp/ ”


後部座席は、前後にスライドすることができます。

一番前にスライドした状態でも、170cmの成人が座ってこぶしが1~2個ほど入るくらいの余裕があります。

一番後ろにスライドした状態なら、こぶしが4つくらい入るほど広いです。

デイズの後部座席

デイズの後部座席は、こんな感じです。


f:id:totalcar:20180902200004j:plain
出典https://www3.nissan.co.jp/ ”

一番前にスライドさせた状態だと、170cmの成人が座ると、前席のシート裏に膝が当たるか当たらないかくらいになってしまいます。

一番うしろにスライドさせれば、こぶし2つ分くらいの余裕はありますが、その分荷室は狭くなってしまいます。


普段、1人か2人でしか乗らないのならあまり気にならないかもしれませんが、後部座席にも人を乗せることが多いなら、ワゴンRの方が広くて快適だと思います。


4.価格を比較

最後に、ワゴンRと、デイズの価格を比較してみましょう。

ワゴンRの価格

ワゴンRの価格は、以下のようになっています。

【ワゴンR】
FA・・・107万8,920円
HYBRID FX・・・117万7,200円
HYBRID FZ・・・135万円


【ワゴンRスティングレー】
HYBRID X・・・148万8,240円
HYBRID T・・・165万8,880円

デイズの価格

デイズの価格は、以下のようになっています。

【デイズ】
J・・・115万7,760円
X・・・130万6,800円


【デイズハイウェイスター】
ハイウェイスターX・・・144万2,880円
ハイウェイスターG・・・150万9840円
ハイウェイスターGターボ・・・152万640円

ワゴンRは、FAグレードを除きハイブリッド車になっているのに対し、デイズにハイブリッド車はないため、デイズの方が数万円安くなっています。

また、ワゴンRは新型であるのに対し、デイズは発売から5年が経過しており、また燃費不正問題によってブランドイメージが低下していることもあって、値引き額はデイズの方が大きい傾向にあります。

ですから購入総額を比較すると、デイズの方が安く購入することができることが多いでしょう。


5.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。