Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  新型クラウン 新型カローラ
RAV4 フォレスター  新型タント 

ダイハツ ウェイク モデルチェンジは、2018年~2019年?発売時期、デザイン画像など、カタログ予想情報!

ダイハツ、ウェイクが、2018年~2019年ごろにマイナーチェンジされるようです。

今回は、ライバルとなる、ホンダN-VAN +STYLE FUNグレードと比較してみましょう。

スポンサーリンク


1.カスタムモデル投入か?

新型ウェイクには、「ウェイクカスタム」なるグレードが設定されるのではないか?といわれています。


カスタムグレードは、ノーマルグレードに比べて、メッキパーツが追加されて、存在感の強いデザインとなるでしょう。

ウェイク ノーマルグレード
f:id:totalcar:20180607002240j:plain出典ダイハツHP


N-VANは、+STYLE FUNグレードがノーマルグレード相当、+STYLE COOLグレードがカスタムグレード相当のデザインに仕上がっています。

N-VAN +STYLE FUNグレード
f:id:totalcar:20180607002128j:plain出典ホンダHP


N-VAN +STYLE COOLグレード
f:id:totalcar:20180607002133j:plain出典ホンダHP


2.広さ

ダイハツ、ウェイクは、タントよりも更に背が高く、室内空間が広い車として登場しました。

ウェイクの室内寸法は、室内長2,215mm×室内幅1,345mm×室内高1,455mmです。

特に室内高は、軽自動車トップクラスです。

N-VANの広さ

N-VAN、特に+STYLE FUNグレードは、ハイルーフモデルとなっています。

また、ベースが商用車向けに開発されたN-VANということで、室内空間はウェイクよりも広くなっています。

N-VANの室内寸法は、室内長2,250mm×室内幅1,350mm×室内高1,465mm程度になる模様です。


更に、N-VANの方が、シートを収納した時に広いスペースを確保することができるため、たくさんの荷物を積んでアウトドアに行く。といった用途には向いていると思います。


逆に、運転席シート以外のシートがチープなので、2人以上で移動することが多い場合は、ウェイクの方が快適に移動することができるでしょう。


3.予防安全性能

新型ウェイクにも、スマートアシストⅢが搭載され、また、全グレードに標準装備になるでしょう。


スマートアシストの機能は、

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

です。


スマートアシストⅢの性能は、軽自動車の予防安全機能としては、普通レベルです。

N-VANの予防安全性能

N-VAN +STYLE FUNグレードには、ホンダセンシングが標準装備されます。

ホンダセンシングの機能は、

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

と、とても充実しています。ホンダの普通車とも変わらない機能で、軽自動車に搭載される予防安全機能としては、最高性能といえるものです。


4.価格

新型ウェイクの価格は、NA車が135万円~、ターボ車は167万円~くらいになるでしょう。

N-VAN +STYLE FUNグレードの価格は、NA車が156万円、ターボ車が166万円です。


NA車は、ウェイクの方がずいぶん安いですが、装備を合わせると同程度の価格になります。


5.総括

あくまで乗用車のウェイクと、商用車の派生グレードであるN-VANを比べると、快適性ならウェイク、積載性ならN-VANという選択になるかと思います。

今のところ、ウェイクは当初の想定ほどは売れていないようで、タントやN-BOXを超えるほどの広さまでは求められていないのかな?とも思いますが、新型N-VANの売れ行きにも注目したいところです。


6.新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。