Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

注目車種のモデルチェンジ情報
 レクサスUX  レクサスES 新型プリウス
RAV4 新型アクセラ  新型タント 

BMW X1 モデルチェンジ予想!2019年 デザイン、フェイスリフト、プラグインハイブリッドなど、カタログ予想情報!

2018年7月15日更新

BMW X1が、2019年にもモデルチェンジされるようです。

今回は、ライバルのメルセデスベンツGLAクラス、アウディQ3、今度発売される新型レクサスUXと比較しながら紹介していきましょう。

スポンサーリンク


1.プラグインハイブリッド投入

新型BMW X1には、Xdrive 25eという、プラグインハイブリッド車がラインナップされるでしょう。


予想スペックを紹介します。

エンジン最高出力・・・136ps/4400rpm
エンジン最大トルク・・・22.4kgm/1250-4300rpm

モーター最高出力・・・88ps

システム出力・・・224ps


バッテリーの電力だけで、40km程度走行することができるモデルになるとみられています。

その他は、現行型と同じパワートレインが搭載されるでしょう。


【直3 1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・140ps/4400rpm
最大トルク・・・22.4kgm/1250-4300rpm


【直4 2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・192ps/5000rpm
最大トルク・・・28.6kgm/1250-4600rpm


【直4 2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・231ps/5000rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1450-4500rpm


【直4 2.0Lディーゼルターボエンジン】
最高出力・・・150ps/4000rpm
最大トルク・・・33.7kgm/1750-2750rpm

ライバル車のパワートレイン

GLAクラスには、3種類のパワートレインがラインナップされています。

【1.6Lターボエンジン】
最高出力・・・122ps/5000rpm
最大トルク・・・20.4kgm/1250-4000rpm


【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・218ps/5500rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1200-4000rpm


【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・381ps/6000rpm
最大トルク・・・48.4kgm/2250-5000rpm



アウディQ3には、2種類のパワートレインがラインナップされています。

【1.4Lターボエンジン】
最高出力・・・150ps/5000-6000rpm
最大トルク・・・25.5kgm/1500-3500rpm

【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・180ps/4000-6200rpm
最大トルク・・・32.6kgm/1400-3900rpm


レクサスUXには、2.0LのNAエンジンと、2.0Lハイブリッドが搭載されることが発表されていますが、詳しいスペックまではまだ公開されていません。


ハイブリッド、プラグインハイブリッドといった、エコなパワートレインを搭載するのは、X1とレクサスUXだけということになります。


2.燃費

パワートレインは変わらないようなので、燃費も、現行型とほぼ同じになるはずです。


現行X1の燃費をざっと紹介しておきます。

1.5Lガソリンターボ車・・・15.6km/L

2.0Lガソリンターボ車(20i)・・・14.6km/L

2.0Lガソリンターボ車(25i)・・・14.3km/L

2.0Lディーゼルターボ車・・・19.6km/L

ライバル車の燃費

GLAクラスの燃費は、
1.6Lガソリンターボ車・・・16.0km/L

2.0Lガソリンターボ車・・・13.1km/L


アウディQ3の燃費は、

1.4Lガソリンターボ車・・・17.4km/L

2.0Lガソリンターボ車・・・15.0km/L


以上のようになっています。


燃費という点では、Q3のダウンサイジングターボエンジンか、X1のクリーンディーゼルエンジンが優秀ですね。

今後、レクサスUXが発売されれば、UXのハイブリッドも有力な候補になってくるでしょう。

スポンサーリンク



3.デザインはほとんど変わらず

BMW、新型X1、プラグインハイブリッド車のスパイショットが撮影されていますが、デザインはほとんど変わらないようです。

f:id:totalcar:20180624175403j:plain

f:id:totalcar:20180624175430j:plain
出典https://www.bimmertoday.de/ ”

ちなみに、このスパイショットは、中国で販売されるロングホイールベース車両ですが、基本的なデザインは同じはずなので、通常のホイールベースの車両も、デザインはほとんど変わらないということになるでしょう。


4.先進機能は若干進化

新型X1の予防安全機能や、運転支援機能は、現行よりも少しだけ進化するでしょう。

・自動ブレーキ
・ステアリングアシスト
・レーンディパーチャーアラート
・レーンチェンジングウォーニング
・レーダークルーズコントロール

などが搭載されるはずです。


特に目新しい機能はありませんが、現行型には、レーンディパーチャーアラートなども搭載されていなかったので、少しは進化することになります。

ライバル車の先進機能

このクラスでは、エントリークラスだということもあり、各社ともに自動運転機能などは搭載されていません。


これまで、X1だけレーンキープアシストが搭載されておらず、劣っている印象でしたが、これで、X1、GLAクラス、Q3、レクサスUXともに、自動ブレーキ、レーダークルーズコントロール、ステアリングアシストなど、基本的な予防安全機能、運転支援機能が採用されました。


いったん横並びになった印象です。


おそらく、次にフルモデルチェンジされるアウディQ3が、一歩先に進むことになるでしょう。


5.価格

新型X1の価格は、現行モデルとそれほど変わらず、数万円ほどアップにとどまるでしょう。


おおよそ、425万円~630万円の範囲内に収まるはずです。


GLAクラスの価格は406万円~523万円

Q3の価格は369万円~549万円

です。


このクラスでは、400万円台が中心的な価格帯となっています。


6.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

>>愛車の最高価格が分かる!最短30秒で入力完了

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。