Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

【新型 エクストレイル 2019】フルモデルチェンジは、2020年?発売日、サイズ、価格など、カタログ予想情報!7人乗りは?

日産、エクストレイルのフルモデルチェンジ情報が入ってきました。

新型エクストレイルは、人気のe-POWERや、三菱が得意なプラグインハイブリッドが設定されるといわれており、注目されています。

ライバルとなる、トヨタ・RAV4、ホンダ・CR-V、マツダ・CX-5、スバル・フォレスターと比較しながら、新型エクストレイルの情報を紹介していきましょう。

スポンサーリンク


発売日

新型エクストレイルの発売日は、2020年4月~6月ごろになるといわれています。


デザイン

新型エクストレイルのスパイショットが撮影されています。

f:id:totalcar:20191007231940j:plain

f:id:totalcar:20191007231949j:plain

f:id:totalcar:20191007231959j:plain
出典https://www.motor1.com


新型エクストレイルのデザインは、大きなVモーショングリルが採用されていて、現行モデルの後期型(現在販売されているモデル)と同じくらいのサイズのVモーショングリルが確認できます。


現行エクストレイルは、横からみるとフロント部分が丸みを帯びていますが、新型エクストレイルは、フロント部分垂直に落ちていて、若干角ばっています。

この方がスペース効率が良いので、室内空間が広くなっていることに期待できますね。



デザイン面でいうと、トヨタのRAV4も、角張った無骨なデザインにイメージチェンジされましたし、最近は丸みを帯びたSUVが人気でしたが、若干その揺り戻しがきている感じもあります。


サイズ

新型エクストレイルのボディサイズは、現行型少しだけ大きくなるでしょう。

スパイショットを見てみても、現行型よりも長さが長くなっているように見えます。


新型エクストレイルのサイズは、全長4,700mm×全幅1,840mm×全高1,730mmくらいになるとみられています。



トヨタ・RAV4のサイズは、全長4,610mm×全幅1,865mm×全高1,690mm

ホンダ・CR-Vのサイズは、全長4,605mm×全幅1,855mm×全高1,680mm

スバル・フォレスターのサイズは、全長4,625mm×全幅1,815mm×全高1,715mm です。


ライバル車に比べると、新型エクストレイルのサイズは、全長が長めです。

エクストレイルには3列シート車も設定されているので、その関係もあるのでしょう。


パワートレイン

新型エクストレイルには、ガソリンエンジンの他、今人気のe-POWER、三菱の技術を利用したプラグインハイブリッドもラインナップされるといわれています。

新型エクストレイルに搭載されるとみられているパワートレインは、以下の3つです。


【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・147ps/6000rpm
最大トルク・・・21.2kgm/4400rpm


【e-POWER】
駆動用モーター最高出力・・・136ps
駆動用モーター最高出力・・・32.6kgm


【プラグインハイブリッド】
エンジン最高出力・・・128ps/4500rpm
エンジン最大トルク・・・20.3kgm/4500rpm

モーター最高出力・・・82ps/95ps
モーター最大トルク・・・14.0kgm/19.9kgm


ライバル車のパワートレイン

RAV4には、2.0Lガソリン車と、2.5Lハイブリッド車の2種類がラインナップされています。

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・171ps/6600rpm
最大トルク・・・21.1kgm/4800rpm


【2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・178ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.5kgm/3600-5200rpm
モーター最高出力・・・120ps/54ps
モーター最大トルク・・・20.6kgm/12.3kgm
システム出力・・・218ps



CR-Vには、1.5Lターボ車と、2.0Lハイブリッド車の2種類がラインナップされています。

【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・190ps/5600rpm
最大トルク・・・24.5kgm/2000-5000rpm


【2.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・145ps/6200rpm
エンジン最大トルク・・・17.8kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgm
システム出力・・・200ps程度



フォレスターには、2.5Lガソリン車と、2.0Lハイブリッド車の2種類がラインナップされています。

【2.5Lガソリンエンジン】
最高出力・・・184ps/5800rpm
最大トルク・・・24.4kgm/4400rpm


【2.0Lハイブリッド】
最高出力・・・145ps/6000rpm
最大トルク・・・19.2kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・13.6ps
モーター最大トルク・・・6.6kgm
システム出力・・・155ps程度



ガソリン車は、それぞれのガソリン車が競合になります。
ダイナミックフォースエンジンを搭載する、RAV4のパワフルさが際立っています。


e-POWERは、RAV4とCR-Vのハイブリッド車が競合になります。
セレナにも搭載されているシステムなので、パワーが極端に不足しているということはないのでしょうが、RAV4、CR-Vのハイブリッド車に比べると、パワーは控えめになりそうです。


プラグインハイブリッドは、三菱アウトランダーが競合になりますね。


運転支援機能(プロパイロット)

新型エクストレイルにも、もちろんプロパイロットが搭載されますが、搭載されるバージョンは、現行型と同じプロパイロット1.0になるとみられています。

プロパイロット1.0は、同一車線内に限り、ステアリングと、アクセル、ブレーキ操作を自動で行ってくれるものです。


当初は自動運転!としてとても注目されていましたが、今となっては、RAV4のトヨタセーフティセンス、CR-Vのホンダセンシング、フォレスターのアイサイトツーリングアシストにも、同じようなステアリングアシスト機能と、クルーズコントロール機能は搭載されています。

精度は、アイサイトツーリングアシストとプロパイロットが高いかな。と感じます。


価格

新型エクストレイルの価格は、ガソリン車は現行と同程度(230万円)、e-POWER車はガソリン車+40万円程度(270万円)になるでしょう。

また、プラグインハイブリッドモデルは、アウトランダーPHEVと同程度の価格(390万円)になるとみられています。

ライバル車の価格

RAV4、ガソリン車の価格は265万円~、ハイブリッド車の価格は326万円~です。

CR-V、ターボ車の価格は329万円~、ハイブリッド車の価格は385万円~です。

フォレスター、ガソリン車の価格は286万円~、ハイブリッド車の価格は315万円~です。


エクストレイルはもともと、同クラスのSUVの中では比較的手頃な価格というのも魅力の一つでしたが、最近は結構値上がりしてきました。

それでも、ライバル車に比べれば、ガソリン車は若干安くなるかな。という印象です。

新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。