Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

BMW 新型Z4 発売日は3月25日!価格は566万円~!内装、外装、エンジンスペックなど、カタログ情報!

2019年4月1日更新

BMWのロードスター、Z4の新型が日本でも発売されました。

ライバルとなるメルセデス・ベンツSLCクラスと比較しながら、新型Z4を紹介していきます。

スポンサーリンク


1.発売日

新型Z4の日本発売日は、2019年春です。

発売当初は、Z4 First Editionという特別仕様車が設定されます。


2.デザイン

新型Z4のデザインは、他のBMW車と比べると少し雰囲気が違います。

新型BMW Z4

新型BMW Z4

新型BMW Z4 インテリア
画像出典https://www.press.bmwgroup.com

他のBMW車は、キドニーグリルの中に縦のラインが入っており、そこから水平基調のヘッドライトが伸びている。というデザインのものが多いですが、新型Z4は、キドニーグリル内のデザインは縦ラインではなく、ヘッドライトも釣り目風になっています。

リヤのブレーキランプは細くシャープなデザインです。

インテリアは、中央にいくにつれて厚みを増すデザインとなっています。

ナビゲーション画面、操作パネルなどは運転席の方を向いていて、コックピット感がありますね。



Z4 concept
f:id:totalcar:20171030033010j:plain

f:id:totalcar:20171030033024j:plain

f:id:totalcar:20171030033032j:plain
画像出典https://www.carscoops.com/

こちらは、以前に公開された新型Z4のコンセプトカー、Z4 Conceptのデザインです。

市販モデルのデザインと比較してみると、エクステリアはコンセプトカーのデザインが色濃く反映されていることがわかります。

コンセプトカーの方が風を切って走るイメージを想像させるようなプレスラインが入っていますが、そのあたりは少し落ち着いたデザインになっています。


もちろん、キドニーグリルは健在ですが、ヘッドライトなどの印象がずいぶん違いますよね。

Z4は、BMWの中でも特に走りの楽しさを強調したい車ということで、デザインのダイナミックさにもこだわったようです。

SLCクラスのデザイン

一方のSLCクラスのデザインは、いかにもCクラスといった感じです。

フロントマスクはCクラスセダンとほとんど同じですね。グリル内のデザインはカブリオレの方がスポーティーな雰囲気に仕上げられています。


インテリアも、Cクラスセダンの方が質感は高く、SLCクラスはシルバー加飾が目立ちます。

スポーティーなデザインの新型Z4と、セダンのデザインを汲むSLCクラス。車の性格的にはZ4の方がデザインはハマっているのでは?と感じます。


3.エンジン

新型Z4に搭載されるエンジンは、2.0Lターボエンジン、3.0Lターボエンジンの2種類です。

それぞれのエンジンのスペックを紹介します。


【直4、2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・197ps/4500-6500rpm
最大トルク・・・32.6kgm/1450-4200rpm



【直6、3.0Lターボエンジン】
最高出力・・・340ps/5000-6500rpm
最大トルク・・・51.0kgm/1600-4500rpm


200psを下回る比較的おとなしめのエンジンと、350ps近いパワフルなエンジンのラインナップとなっています。

Cクラスカブリオレのエンジン

Cクラスカブリオレには、1.6Lターボエンジンと、3.0Lターボエンジン、4.0Lターボエンジンがラインナップされています。


【1.6Lターボエンジン】
最高出力・・・156ps/5300rpm
最大トルク・・・25.5kgm/1200-4000rpm


【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・184ps/5500rpm
最大トルク・・・30.6kgm/1200-4000rpm


【3.0Lターボエンジン】
最高出力・・・520ps/2500-5000ps
最大トルク・・・53.0kgm/2500-5000rpm


Z4には、AMGに相当する高性能モデルはラインナップされないようなので、ハイパワーを求めるならCクラスの方が良さそうです。


4.ボディサイズ

新型BMW Z4のボディサイズは、全長4,335mm×全幅1,865mm×全高1,305mmです。

先代Z4のサイズが全長4,100mm×全幅1,780mm×全高1,285mmでしたから、全長は225mm長く、全幅は85mm広く、全高は20mm高くなっています。

結構大きくなっている印象です。

SLCクラスのサイズ

SLCクラスのボディサイズは、全長4,140mm×全幅1,820mm×全高1,295mmです。

新型Z4の方がサイズは一回り大きいですが、どちらもツーシーターなので極端に大きいということはなく、運転しづらいサイズではありません。


5.価格

新型Z4の価格は、以下のとおりです。

BMW Z4 sDrive20i・・・566万円
BMW Z4 sDrive20i Sport Line・・・615万円
BMW Z4 sDrive20i M Sports・・・665万円
BMW Z4 M40i・・・835万円

先代に比べると、エントリー価格は50万円ほど高くなりました。

SLCクラスは、552万円~707万円万円ですから、大体同じような価格帯です。


6.総括

新型Z4は、トヨタと共同開発されている。ということでも注目されています。

「走り」という点ではトヨタが力になれるところはあるのかな?と思ったりしますが、コストの面では色々とメリットがありそうですね。

共同開発されたZ4は、トヨタからはスープラとして発売されるようなので、そちらにも注目していきたいところです。


新型Z4と、兄弟車の新型スープラの比較は、こちらから
www.bibit-modelchange.com

7.車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車を少しでも高く売ることが大切です。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

無料ですし、必ず売らないといけないということはありませんので、一度お試しください。

スポンサーリンク


当サイトの内容の確実性は保証できませんので、ご了承ください。