Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

SSL化がうまくいかないので、このサイトは徐々にこちらに移転する予定です。

よかったらブックマークお願いします。


 車を売るなら、
↓一括査定で損をしないようにしましょう

【新型 ルークス カタログ情報】 フルモデルチェンジ!発売日は、2020年3月19日。価格やサイズ、燃費、プロパイロットなど

2020年3月19日更新

日産のスーパーハイトワゴン、デイズルークスが、フルモデルチェンジされました。

今回は、ライバルのN-BOX、タント、スペーシアと比較しながら、新型ルークスを紹介していきます。

スポンサーリンク


発売日

デイズルークスは、ルークスという名前に変わります。

新型ルークスの発売日は、2020年3月19日です。


デザイン

新型デイズルークスのデザインは、Vモーショングリルをより強調するようなデザインとなりました。

特に、ハイウェイスターは、太いシルバーメッキで、存在感のあるデザインとなっています。


標準モデル
f:id:totalcar:20200226142956j:plain

f:id:totalcar:20200226143006j:plain
出典https://www3.nissan.co.jp

ハイウェイスター
f:id:totalcar:20200226143019j:plain

f:id:totalcar:20200226143028j:plain
出典https://www3.nissan.co.jp


室内の広さ

新型ルークスの室内寸法は、室内長2,200mm×室内幅1,335mm×室内高1,400mmです。

デイズルークスの室内寸法は、室内長2,235mm×室内幅1,320mm×室内高1,400mmでしたから、長さは短く、幅は広くなっています。


スペック上はそれほど変わっていませんが、デイズルークスは、上にいくにつれて幅が絞られるようなデザインだったのが、新型ルークスではスクエアなデザインに変わっているので、特に横幅方向は、デイズルークスよりも広く感じます。

ライバル車の室内の広さ

N-BOXの室内寸法は、室内長2,240mm×室内幅1,350mm×室内高1,400mm

タントの室内寸法は、室内長2,200mm×室内幅1,350mm×室内高1,365mm

スペーシアの室内寸法は、室内長2,155mm×室内幅1,345mm×室内高1,410mm です。


室内寸法を比べても、どれも大きな差はなく、どんぐりの背比べですね。

新型デイズルークスは、数字には現れない後部座席のニールームや、トランクの広さなどもクラスNo1の広さとなり、広さが重視されるスーパーハイトワゴンにおいてとても競争力を持った一台になります。


パワートレイン、燃費

新型デイズルークスには、デイズと同じパワートレインが搭載されます。

【NAエンジン】
最高出力・・・52ps/6400rpm
最大トルク・・・6.1kgm/3600rpm


【NAエンジン+モーター】
エンジン最高出力・・・52ps/6400rpm
エンジン最大トルク・・・6.1kgm/3600rpm
モーター最高出力・・・2.0ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm


【ターボエンジン+モーター】
エンジン最高出力・・・64ps/5600rpm
エンジン最大トルク・・・10.2kgm/2400-4000rpm
モーター最高出力・・・2.0ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm


ハイブリッドがラインナップされることに注目です。

非力なモーターですが、発進加速時のアシストは意外に強いです。

ライバル車のパワートレイン

N-BOXのパワートレインは、以下の2種類です。

【NAエンジン】
最高出力・・・58ps/7300rpm
最大トルク・・・6.6kgm/4800rpm

【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm



タントのパワートレインは、以下の2種類です。

【NAエンジン】
最高出力・・・52ps/6900rpm
最大トルク・・・6.1kgm/3600rpm


【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6400rpm
最大トルク・・・10.2kgm/3600rpm



スペーシアのパワートレインは、以下の2種類です。

【NAエンジン+モーター】
エンジン最高出力・・・52ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・6.1kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm


【ターボエンジン+モーター】
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・10.0kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm


新型デイズルークスと同じくハイブリッドのスペーシアと比較すると、モーター出力が低くなっています。また、重量はスペーシアの方が軽いはずなので、加速力はスペーシアには及ばないでしょう。

また、もともとパワフルなエンジンを搭載するN-BOXにも、加速力は及ばないでしょう。


ただ、新型デイズルークスも全回転域でトルクアップしているようなので、現行型よりは走りは良くなっているはずです。

スポンサーリンク



燃費

新型デイズルークスの燃費は、NA車の燃費ライバル車にも引けを取らないレベルに向上します。

JC08モードで、NA車が27.2km/L、ターボ車が22.6km/Lです。

ライバル車の燃費

N-BOXの燃費はNA車が27km/L、ターボ車が25.6km/L

タントの燃費は、NA車が28km/L、ターボ車が26km/L

スペーシアの燃費は、NA車が30km/L、ターボ車が25.6km/Lです。


NA車は、ライバル車にそれほど見劣りしません。

ターボ車はちょっと見劣りしますね。それでも、前のモデルよりは良くなっています。


予防安全性能

新型ルークスには、自動運転機能、プロパイロットに加え、高性能な自動ブレーキや駐車支援機能など、充実した予防安全機能が採用されています。

新型ルークスに採用されている機能は、以下のとおりです。

・プロパイロット
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・SOSコール
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ

ライバル車の予防安全性能

N-BOXには、
・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

が搭載されています。


タントには、
・衝突回避支援ブレーキ
・車線逸脱警報機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・オートハイビーム

が搭載されています。


スペーシアには、
・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・ヘッドアップディスプレイ
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター

が搭載されています。


デイズルークスの予防安全性能は低かったですが、新型ルークスは、スペーシアを上回り、タントやN-BOXと同等以上の機能となっています。


プロパイロット搭載

新型デイズルークスには、自動運転機能、プロパイロットが搭載されました。

プロパイロットは、すでにエクストレイルやセレナに搭載されていますが、高速道路のロングドライブはかなり楽になります。

軽自動車は、どうしてもステアリングやアクセルワークなどにストレスが掛かるので、ここが自動化されれば、かなりありがたいですね。


価格

新型ルークスの価格は、デイズルークスよりも10万円程度アップしました。

【標準モデル】
S・・・141万5,700円
X・・・154万6,600円

【ハイウェイスター】
ハイウェイスターX・・・173万4,700円
ハイウェイスターXプロパイロットエディション・・・184万3,600円
ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション・・・193万2,700円

ライバル車の価格は

N-BOXの価格は、NA車が138万円~、ターボ車が169万円~です。

タントの価格は、NA車が122万円~、ターボ車が150万円~です。

スペーシアの価格は、NA車が133万円~、ターボ車が178万円~です。


新型デイズルークスの価格は、N-BOXと同じくらい高く、強気の価格設定ですね。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク