Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

SSL化がうまくいかないので、このサイトは徐々にこちらに移転する予定です。

よかったらブックマークお願いします。


 車を売るなら、
↓一括査定で損をしないようにしましょう

【RAV4 Prime】RAV4プラグインハイブリッドの発売日は、2020年夏!スペック、燃費、デザイン、価格など、カタログ予想情報!

RAV4に、プラグインハイブリッド車の、RAV4 Primeが追加されます。

SUVのプラグインハイブリッド車ということでライバルとなる、三菱・アウトランダーPHEVと比較しながら、RAV4 Primeの最新情報を紹介します。

スポンサーリンク


発売日

RAV4 Primeの発売日は、2020年夏です。

日本ではRAV4 PHVという名前で発売されるかもしれません。


プラグインハイブリッドシステム

RAV4 Primeには、2.5Lのエンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムが搭載されています。

システム出力は306psと発表されています。

ガソリン車の171psや、ハイブリッド車の218psを大幅に上回る出力です。


0-96km/h加速は5.8秒です。

RAV4ハイブリッドの0-96km/h加速は7.8秒なので、2秒も上回っています。

アウトランダーPHEVのプラグインハイブリッドシステム

アウトランダーPHEVには、2.4Lエンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムが搭載されています。

アウトランダーPHEVのシステム出力は正式には発表されていませんが、200ps台前半くらいだと言われているので、出力はRAV4Primeの方がかなり上ということになりそうです。


アウトランダーPHEVの0-100km/h加速は11秒なので、加速性能もRAV4Primeの方がかなり上です。


RAV4 Primeの燃費

RAV4 Primeの燃費は、米国基準で90MPGe、日本のJC08モード換算だと、25km/L程度になるといわれています。

アウトランダーPHEVの燃費は、JC08モードで18.6km/Lなので、ハイブリッド走行燃費はRAV4の方がかなり上ということになりそうです。


RAV4 Primeのサイズ

RAV4 Primeのボディサイズは、ガソリン車、ハイブリッド車のRAV4と同じです。

全長4,610mm×全幅1,855mm×全高1,685mmです。


アウトランダーPHEVのサイズは全長4,695mm×全幅1,800mm×全高1,710mmです。

RAV4とアウトランダーは、クラスとしては同格です。


RAV4 Primeの予防安全性能

RAV4 Primeの予防安全性能は、ガソリン車、ハイブリッド車と同等です。

RAV4の予防安全機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・ドライブスタートコントロール
・ブラインドスポットモニター

RAV4は発売されたばかりの新型車ということもあり、予防安全機能は充実しています。

アウトランダーPHEVの予防安全性能

アウトランダーPHEVの予防安全機能は、以下のとおりです。

・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール
・衝突被害軽減ブレーキシステム
・車線逸脱警報システム
・ブラインドスポットモニター
・後側方車両検知警報システム


アウトランダーもマイナーチェンジで予防安全機能が充実はしましたが、RAV4に比べると劣っています。

スポンサーリンク



デザイン

デザインは、基本的にガソリンモデル、ハイブリッドモデルと変わりませんが、一応紹介しておきます。

f:id:totalcar:20191202065714j:plain

f:id:totalcar:20191202065723j:plain

f:id:totalcar:20191202065808j:plain
出典https://global.toyota

バンパーやアルミホイールはプラグインハイブリッド専用となっています。


RAV4 Primeの価格

RAV4 Primeの価格は400万円程度~になるといわれています。

アウトランダーPHEVの価格は、393万円~となっています。

価格的には、同等になりそうです。


総括

RAV4 Primeは、アウトランダーPHEVと同クラスで、価格も同じくらいです。

スペックを比較すると、燃費や予防安全性能など、後発のRAV4の方が優れている部分が多いですね。


アウトランダーとRAV4のハイブリッド車を乗り比べた限りでは、走りや乗り心地も、TNGAプラットフォームのRAV4の方が上だと感じました。


アウトランダーPHEVは、数少ない三菱のラインナップの中でも利益に貢献している方なのですが、三菱にとっては厳しい戦いになりそうです。

新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク