Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

SSL化がうまくいかないので、このサイトは徐々にこちらに移転する予定です。

よかったらブックマークお願いします。


 車を売るなら、
↓一括査定で損をしないようにしましょう

新型スペーシア マイナーチェンジは、2020年末にも実施か。変更点、燃費、価格など、カタログ予想情報!

スズキ、スペーシアが、2020年末ごろにもマイナーチェンジされるといわれています。


今回は、ライバルのN-BOX、ルークス、タントと比較しながら、新型スペーシアの変更点など、気になる情報を紹介します。

スポンサーリンク


マイナーチェンジ時期

スペーシアのマイナーチェンジ時期は、2020年末ごろになるといわれています。


スズキセーフティサポート

スペーシアは、マイナーチェンジで、先進機能、スズキセーフティサポートの性能が向上するといわれています。


新型スペーシアに採用されるといわれている先進機能は、以下のとおりです。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・ヘッドアップディスプレイ
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ
・アダプティブクルーズコントロール
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックアラート

N-BOXの先進機能

N-BOXの先進機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

ルークスの先進機能

ルークスの先進機能は、以下のとおりです。

・プロパイロット
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・アダプティブLEDヘッドライトシステム
・ハイビームアシスト
・インテリジェントオートライトシステム
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・標識検知機能
・先行車発進のお知らせ
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・SOSコール
・インテリジェントLE/LDW(車線逸脱防止機能)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ

タントの先進機能

タントの先進機能は、以下のとおりです。

・衝突警報機能
・衝突回避支援ブレーキ機能
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・オートハイビーム
・アダプティブドライビングビーム
・標識認識機能
・誤発進抑制制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・コーナーセンサー
・アダプティブクルーズコントロール
・レーンキープコントロール
・スマートパノラマパーキングアシスト
・パノラマモニター
・サイドビューランプ


N-BOX、ルークス、タントには、車線中央を走行できるようなステアリングアシスト機能が搭載されていますが、スペーシアは、マイナーチェンジでもステアリングのアシスト機能は搭載されないようです。

スポンサーリンク



デザイン

現行スペーシアのデザインは、スーツケースをイメージした親しみやすいものとなっています。


現行スペーシア
f:id:totalcar:20200318185329j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp


現行スペーシアカスタム
f:id:totalcar:20200318185401j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp


新型スペーシアカスタムは、かつてのスペーシアカスタムZのように、ギラギラしたデザインになるといわれています。

もっとも、軽自動車がどんどんギラギラした、派手なデザインになっていた時代は一旦終わって、タントやN-BOXなども前のモデルよりは少し落ち着いたデザインになっています。

ですから、新型スペーシアカスタムは、スーパーハイトワゴンの中で一番派手なデザインになるかもしれません。


パワートレイン、燃費

新型スペーシアのパワートレインに変更はないとみられていますが、現行スペーシアも十分に低燃費で、クラスNo1となっています。


【NAエンジン】
エンジン最高出力・・・52ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・6.1kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

燃費(JC08モード)・・・30.0km/L


【ターボエンジン】
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・10.0kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

燃費(JC08モード)・・・25.6km/L

N-BOXのパワートレイン、燃費

【NAエンジン】
最高出力・・・58ps/7300rpm
最大トルク・・・6.6kgm/4800rpm

燃費(JC08モード)・・・27.0km/L
燃費(WLTCモード)・・・21.8km/L


【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm

燃費(JC08モード)・・・25.6km/L
燃費(WLTCモード)・・・20.4km/L


N-BOXは、自然吸気エンジンがパワフルです。

燃費はこのクラスでは中間です。

ルークスのエンジン、燃費

【自然吸気エンジン】
エンジン最高出力・・・52ps/6400rpm
エンジン最大トルク・・・6.1kgm/3600rrpm
モーター最高出力・・・2.7ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

燃費(JC08モード)・・・27.2km/L
燃費(WLTCモード)・・・20.8km/L


【ターボエンジン】
エンジン最高出力・・・64ps/5600rpm
エンジン最大トルク・・・10.2kgm/2400-4000rpm
モーター最高出力・・・2.7ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm


新型ルークスもスペーシアと同じくハイブリッドではありますが、燃費はそれほど良くありません。

タントのエンジン、燃費

【自然吸気エンジン】
最高出力・・・52ps/6900rpm
最大トルク・・・6.1/3600rpm

燃費(JC08モード)・・・27.2km/L
燃費(WLTCモード)・・・21.2km/L


【ターボエンジン】
最高出力・・・64ps/6400rpm
最大トルク・・・10.2kgm/3600rpm

燃費(JC08モード)・・・25.2km/L
燃費(WLTCモード)・・・17.5km/L


タントの燃費は、N-BOXと同じくらいで、このクラスの中間です。

軽自動車の燃費競争は、スズキの勝利で一旦落ち着いています。


価格

先進機能の向上などが予想されているものの、新型スペーシアの価格は現行型と同程度に据え置かれるとみられています。


【スペーシア】
129万円~149万円


【スペーシアカスタム】
160万円~182万円


【スペーシアギア】
164万円~172万円

ライバル車の価格

N-BOXの価格は、141万円~199万円


ルークスの価格は、141万円~193万円


タントの価格は、124万円~185万円


スーパーハイトワゴンの価格は、高いN-BOX・ルークスと、安いスペーシア、タントに分かれています。


まとめ

新型スペーシアは、先進機能ではライバル車に一歩劣るものの、燃費や軽さでは引き続きトップをキープし、燃費や軽快な走りで選ばれる車になりそうです。


また、価格も比較的安めなので、庶民の味方としてはありがたいですね。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク