Bibit!モデルチェンジ情報!

自動車のフルモデルチェンジ、マイナーチェンジ情報を続々更新!ライバル車と徹底比較!

SSL化がうまくいかないので、このサイトは徐々にこちらに移転する予定です。

よかったらブックマークお願いします。


 車を売るなら、
↓一括査定で損をしないようにしましょう

【スイフト、スイフトスポーツ マイナーチェンジ 2020】発売日、カラー、変更点、価格予想など、カタログ予想情報!【スイフトスポーツハイブリッド】

2020年3月21日更新

スズキ、スイフト、スイフトスポーツがマイナーチェンジされるようです。


今回は、ライバルのコンパクトカー、ヤリス、フィットと比較しながら、新型スイフト、新型スイフトスポーツの情報を紹介していきます。

スポンサーリンク


新型スイフト、スイフトスポーツの発売日

新型スイフト、新型スイフトスポーツの発売日は、2020年4月16日になるといわれています。


予防安全機能がアップデート

新型スイフト、新型スイフトスポーツでは、予防安全機能がアップデートされるといわれています。


新型スイフト、スイフトスポーツに搭載されるといわれている機能は、以下のとおりです。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・アダプティブクルーズコントロール
・全方位モニター用カメラ
・後方誤発進抑制機能
・後退時ブレーキサポート
・標識認識機能
・ブラインドスポットモニター

ヤリスの予防安全機能

2020年2月に発売されたばかりの新型ヤリスの予防安全機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能
・アドバンストパーク
・インテリジェントクリアランスソナー
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・ブラインドスポットモニター
・パノラミックビューモニター

フィットの予防安全機能

こちらも2020年2月に発売されたばかりの新型フィットの予防安全機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム


新しく開発されたヤリス、フィットに比べると、スイフトは、運転支援機能の部分でまだ劣っていると感じます。

スポンサーリンク



スイフトスポーツは、デザインも変わる

スイフトスポーツは、デザインも若干かわるといわれています。

まだどのように変わるのか、詳しい情報は入ってきていませんが、よりスポーティーな方向になるようです。


現行スイフトスポーツ
f:id:totalcar:20200315000359j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp


搭載エンジン

スイフトには、1.2Lエンジンと、1.0Lターボエンジンが搭載されています。


【1.2Lエンジン】
最高出力・・・91ps/6000rpm
最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm


【1.0Lターボエンジン】
最高出力・・・102ps/5500rpm
最大トルク・・・15.3kgm/1700-4500rpm


1.2Lガソリンエンジンには、ハイブリッドも設定されています。

【1.2Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・91ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・13.6ps
モーター最大トルク・・・3.1kgm



スイフトスポーツには、1.4Lターボエンジンが搭載されています。


【1.4Lターボエンジン】
最高出力・・・140ps/5500rpm
最大トルク・・・23.4kgm/250-3500rpm


スイフトスポーツには、ハイブリッドも設定されるといわれています。

新型ヤリスの搭載エンジン

新型ヤリスには、1.0Lガソリンエンジン、1.5Lガソリンエンジン、1.5Lハイブリッドが搭載されています。

【1.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・69ps/6000rpm
最大トルク・・・9.4kgm/4400rpm


【1.5Lガソリンエンジン】
最高出力・・・120ps/6600rpm
最大トルク・・・14.8kgm/4800-5200rpm


【1.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・91ps/5500rpm
エンジン最大トルク・・・12.2kgm/3800-4800rpm
モーター最高出力・・・80ps
モーター最大トルク・・・14.4kgm

新型フィットの搭載エンジン

新型フィットには、1.3Lガソリンエンジン、1.5Lハイブリッドが搭載されています。


【1.3Lガソリンエンジン】
最高出力・・・98ps/6000rpm
最大トルク・・・12.0kgm/5000rpm


【1.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・98ps/5600-6400rpm
エンジン最大トルク・・・13.0kgm/4500-5000rpm
モーター最高出力・・・109ps
モーター最大トルク・・・25.8kgm

スポンサーリンク



スイフトの燃費

スイフトの燃費は、以下のとおりです。(JC08モード燃費)


1.2Lガソリン車・・・24.0km/L

1.2Lハイブリッド車・・・32.0km/L

1.0Lターボ車・・・20.0km/L

新型ヤリスの燃費

新型ヤリスの燃費は、以下のとおりです。(WLTCモード燃費)


1.0Lガソリン車・・・20.2km/L

1.5Lガソリン車・・・21.6km/L

1.5Lハイブリッド車・・・36.0km/L


スイフトはJC08モード燃費、ヤリスはWLTCモード燃費です。


一般に、WLTCモード燃費は、JC08モード燃費よりも2~3割低い数値になるといわれています。

新型フィットの燃費

新型フィットの燃費は、以下のとおりです。(JC08モード燃費)


1.3Lガソリン車・・・24.2km/L

1.5Lハイブリッド車・・・38.6km/L



スイフトは、車体が軽いことから、特にガソリン車は先代フィットや先代ヴィッツよりも良かったのですが、どちらもモデルチェンジされたことで、それほど差はなくなりました。


ハイブリッド車は、もともとモーター・バッテリーが小さいということもあって、ハイブリッド車にしてはそれほど燃費はよくありませんが、その代わり、価格は安いです。(価格は次に紹介します。)


スイフトの価格

スイフトの価格は、以下のとおりです。


XG limited・・・148万3,900円
HYBRID SL・・・198万5,500円
RS・・・171万7,100円
RSt・・・183万3,700円
HYBRID RS・・・182万0,500円


価格は、新型になってもそれほど変わらないとみられています。

新型ヤリスの価格

新型ヤリスの価格は、以下のとおりです。

【1.0Lガソリン車】
X Bパッケージ・・・139万5,000円
X・・・145万5,000円
G・・・161万3,000円


【1.5Lガソリン車】
X・・・159万8,000円
G・・・175万6,000円
Z・・・192万6,000円


【ハイブリッド車】
HYBRID X・・・199万8,000円
HYBRID G・・・213万0,000円
HYBRID Z・・・229万5,000円

新型フィットの価格

新型フィットの価格は、以下のとおりです。


【1.3Lガソリン車】
BASIC・・・155万7,600円
HOME・・・171万8,200円
NESS・・・187万7,700円
CORSSTAR・・・193万8,200円
LUXE・・・218万6,800円


【1.5Lハイブリッド車】
BASIC・・・199万7,600円
HOME・・・206万8,000円
NESS・・・222万7,500円
LUXE・・・228万8,000円
CORSSTAR・・・232万7,600円


まとめ

スイフトは、皆が注目するような部分、燃費や先進機能では、これといって特筆すべきことはありません。


しかし、カタログを読んでいるだけではなかなか分かりにくい、「走りが楽しい」という部分では他にはない魅力を持っています。


走りが楽しい。という部分では、新型ヤリスも、TNGAプラットフォームが採用されて、走りが楽しくなった。といわれていますが、新型ヤリスは、どちらかというとしっかりした走りを楽しめる方向。スイフトは軽快な走りを楽しめる方向で、方向性が違います。


新車、中古車を契約の前に!

今乗っている車を下取りに出す前に、自分の車にいくらの価値があるのかを知っておきましょう。

下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク